猫舌って英語でなんて言う?

 

 

アメリカ人の知り合いに、

「熱いものが苦手なことを日本語で猫舌、cat tongue っていうんだけど、英語では何て言うの?」と聞いてみました。

 

答えは、

「『熱いものが苦手』って言うよ!」

でした。

 

普通だ!普通すぎる!!

 

何人か他の人にも聞いてみましたが、慣用句的な言い回しは特にないようです。

面白い表現があるんじゃないかと楽しみにしていたのに、残念!

 

 

I can’t eat hot food.

 私は熱い食べ物が食べられない。

My tongue can’t take something too hot

 私の舌は熱いものに耐えられない

  →私は熱いものが食べられない。

My tongue is too sensitive to heat.

 私の舌は熱さに敏感です。

  →私は熱いものが食べられない。

 

 

ところで、ある人には逆に、「なんで、cat tongue で熱いものが食べられないって言う意味になるの?」と聞き返されてしまいました。

 

猫は熱いものが食べられないからじゃないかと私は思っていたのですが、

「え?猫って熱いもの食べられないの?知らなかった!

猫に餌をあげるのに、わざわざ温めたりしないもの!

日本では猫のご飯も温めてるの?」

 

と、予想外の答えが返ってきました。

 

そういえば、私も猫が猫舌なのかどうかなんて考えたことありませんでした!

 

私自身猫舌で、うまい表現があれば知りたかったのですが、どうも猫舌って、日本語固有の言い回しのようです。

それがわかっただけでも、ちょっとスッキリしました!