ニューヨーク 無料で入れる博物館・美術館・観光スポット 曜日カレンダー

見どころいっぱいのニューヨークですが、日本と比べて物価が高く、何かとお金がかかります。

そこで、無料または格安で楽しめる美術館、観光スポットの情報をまとめてみました。

(2017年12月時点での情報です。)




 



ドネーション(寄付)で入れる美術館・博物館

 

ニューヨークにはたくさんの有名な美術館や博物館がありますが、その中には正規の入場料の設定がなく、任意のドネーション(寄付金)で入場できるものもいくつかあります。

チケットカウンターの料金表に、Recommended Admissions(推奨される入場料)とある場合、それはあくまでもお勧めされた価格。実際にはいくらでも大丈夫です。

他の人がいくらくらい払っているのか見ていると、一人1−2ドルから推奨価格の数十ドルまで、人によって様々です。

 

メトロポリタン美術館 The Metropolitan Museum of Art

世界最大級の美術博物館。 

ゴッホ、モネなどの有名な美術作品や、世界中の歴史的文化的な展示物が収集されていて、1日ではとても周りきれません。

セントラルパークの東側に位置し、正面玄関の階段は、Gossip Girls でセレーナたちが座ってお茶をする場面に登場します。

 

推奨入場料:25ドル

 

アメリカ自然史博物館 American Museum of Natural History

セントラルパークの西側、アッパーウエストサイドにある大きな博物館。

恐竜の骨格標本やプラネタリウムが名物。映画ナイトニュージアムの舞台となった博物館です。

地下鉄BCラインの81st street / Natural History Museum 駅から直通で入場できるので、天気の悪い日の観光にもお勧めです。

人気のスポットなので、観光シーズンはとても混み合い、入場するまでに数十分かかることもあるので、10時の開館時間に合わせて入場することをお勧めします。

 

推奨入場料:23ドル(特別展示は別料金)

 

近代美術館別館 MOMA PS1

クイーンズ(とは言ってもマンハッタンにあるMOMAの本館から地下鉄で2駅)にあるMOMAの別館。

MOMAよりも前衛的な美術作品が、昔の小学校を改装した館内に展示されています。

こじんまりとしていて、本館のような世界的に有名な作品に溢れているわけではありませんが、野外スペースで大規模なインスタレーションがあったり、VRなど新しい技術を使った作品があったり、ニューヨークらしい素敵な美術館です。

数ヶ月おきに展示が変わり、訪れるたびに新しい発見があります。

 

推奨入場料:10ドル

 

 

無料で入れる曜日・時間帯がある美術館・観光スポット

 

火曜日

9/11メモリアルミュージアム 9/11 memorial & Museum

2014年にオープンしたばかりの新しいミュージアム。

9.11の痕跡を示す様々な展示が行われています。

通常料金:$24

17:00から無料(最終入場18:00)

*ネットでの事前予約と、整理券の受取が必要です。整理券は現地で16時から配布。First-come First-served(早い者勝ち)です。

 

 

木曜日

デザイン美術館 Museum of Arts and Design

セントラルパークの南側、ミッドタウンにあるデザインに関する美術館。

いろいろなワークショップも開催されています。

通常料金:$16

18:00から無料

 

 

金曜日

ニューヨーク近代美術館 MOMA

ミッドタウン53ストリート、5アヴェニューにある、近代美術館。

ピカソ、ゴーギャン、ゴッホ、バスキア、キースへリングなど馴染みのある有名どころの作品が多く展示されています。

素敵な中庭もあり、おしゃれな空間。

毎週金曜日の16時から21時は、ユニクロのサポートにより、無料で入場できます。(ユニクロナイト)

入場するのに長蛇の列ができていることがありますが、カウンターでチケットをもらうだけなので、意外とすぐに入れます。

リュックサックなど大きな荷物はクロークに預ける必要があります。

通常料金:$25

 

 

ホイットニー美術館 Whitney Museum of American Art

2015年に移転してオープンしたばかりの近代美術館。

ハイライン、チェルシーマーケットのそばにあり、観光ついでに立ち寄ることができます。

無料のギャラリーツアーもあります。(申し込み不要)

19時から無料

通常料金:$25

 

映像博物館 Museum of the Moving Image

クイーンズのアストリア地区にある映像に関する博物館。

少し不便なところにあるし、観光でニューヨークに来る忙しい人たちには個人的にお勧めすることはないのですが、映画で使われた小道具や衣装、最新の映像技術の展示などが、受ける人には受けるようです。

いろいろな映画の上映や、ワークショップもあります。昨年は俳優の仲代達也さんが交流会にいらっしゃっていました。

すぐ近くにおすすめのシーフードレストランもあるので、お時間のある方はついでにいかがでしょうか。

16:00から無料

通常料金:$15

 

土曜日

 

ユダヤ博物館 The Jewish Museum

セントラルパークの東側、Museum Avenue (5th Avenue)にある、大富豪のマンション(邸宅)を改築して作られた美術館。

ユダヤ人の歴史や文化に関するアート作品や調度品などが展示されています。

土曜日は無料

木曜日の17:00-20:00は任意のドネーションで入場できます。

通常料金:$15

 

グッゲンハイム美術館 Solomon R. Guggenheim Museum

Museum Avenue、メトロポリタン美術館やユダヤ博物館の並びにある近代美術館。

近代建築の巨匠と呼ばれる、フランク・ロイド・ライトが設計した、カタツムリの殻のような、螺旋型の外観が特徴です。

見学者はまずエレベーターで最上階まで上がり、螺旋系の坂道を下りながら壁面と中央の吹き抜けに展示された美術品を鑑賞することをお勧めされます。

アートにあまり興味がなくても、この建物を見学するだけでも面白いと思います。

 

土曜日の17:45-19:45 任意のドネーションで入場可能。

通常料金:$25

*17:15から列に並ぶことができます。ドネーションチケットの発行は当日の19:15までです。

 

 

 

いつでも無料の美術館

 

FIT 美術館 The Museum at FIT

国立アメリカンインディアン博物館 National Museum of the American Indian

レスリー・ローマン博物館 Leslie-Lohman Museum

LGBTQ(性的マイノリティー)に関するアート作品を集めた美術館。

イラストレーション協会美術館 The Museum of Illustration

アメリカ民芸博物館 American Folk Art Museum